top of page
  • 執筆者の写真Angel-Rey

「自力の限界」を体験することも価値があります。

まじめで頑張り屋さんは、とにかく自分の力で何でも努力しなければいけない。と思い込みます。


その思い込みは信念となり自分自身も他人も縛り上げ、苦しめます。


何事も、自分の力で乗り越えなければいけない・・という「苦痛の信仰」のようなもの。


その信仰を「手放し」、



助け合いと

許しあい

支えあい


の精神を受け取ってみると人生は軽くなります。



じぶんの傷ついたオーラを自力で癒してあげられるのなら

精一杯、癒し愛してください。


もしもそれができなければ、

それはあなたに能力がないわけではないのですから

自分を責めてはいけません。



じぶんにできないことに気づいたなら


他人の力を借りることを学んでいるのだ。ということ

他人の愛を受け取る学びをしているのだ。ということに気づいてください。




天使の助けを求め、受け取り、

今度はあなたが天使のように人を支えてあげましょう。




弱っているときは人からの助けを受け取ってください。


それは天使から受け取るのと同じです。

天使が働いているのですから。



愛を受け取る特権をあなたが行使できるのです。


愛され助けられたら、今度は誰かを助けてあげましょう。

あなたが誰かを助けるとき、天使もあなたと共に働いています。



そうやって世界は愛でつながっていくのです。



他人からの愛を受け取らず拒否するのは、

愛の数珠繋ぎを拒否するようなものです。


ぜひ受け取り、与えてください。


自力の限界は、他人からの愛を受け取るチャンスです。



無力さを恥じるのではなく

喜びを感じて愛を求めてください。


プライドは不要です。

全くそれはかえってあなたを苦しめるだけですよ。





Reyより。



最新記事

すべて表示

歴史は繰り返します。 民族間の争いは前世の因縁を引きづっている証。 今、向き合い互いのわだかまりを乗り越えられれば、それが最も望ましいのですが 前世の因縁、心の、、魂の傷をいやすことも望ましい行為です。 同じように 個人の苦しみや悩みの根源も前世の因縁、因果です。 今、たとえようもない苦しみを感じているなら 乗り越えがたい悩みと葛藤を感じているなら その因縁である前世に目を向けることをお勧めします

天使はスピリット(目に見えない霊的な存在)です。 わたしたち人間が創造される前から存在していました。 かれらからすると私たちは弟のようなものです。 しかし霊的な存在ですから、 人と人が顔を突き合わせ、握手をしても私たちは感知できません。 天使が私たちに働きかけサポートする方法はおおむね次の通りです。 ・夢の中で語り掛ける ・直観を通して気づかせたりメッセージを伝える ・祈りや瞑想状態の時に立ち現れ

何をするにもまず自分自身を大切にしてください。 誰かを責めたり・恨んだり・怒ったりしていると、 自分自身を苦しみの状態に居続けることになります。 苦しみにフォーカスを当て続ければ 苦しみの中にとどまります。 怒りにフォーカスを当て続ければ 怒りの中にとどまります。 それは、だれが悪いのではなく、 フォーカスを当てている自分の意識の問題。 じぶんが選んでいる。 誰かを責めるのではなく まず自分自身を

bottom of page