• Angel-Rey

じぶんらしく生きてください。

多様性が認められつつある今の時代。


それでも多様性を受け入れられるほど社会は成熟していませんね。


いまだ社会は旧態依然のままです。


じぶんとほかの人たちとの違いが、

精神的にも肉体的にも想像以上のストレスを生み

苦しみにつながり、ますます生きづらさを感じさせてしまいます。



じぶんはほかの人たち全体と異なる。


そのように感じると世界の中で自分一人だけが孤立しているような錯覚に陥ります。


実際はそんなことは全くないのですが、孤独感が強まると、孤独や孤立状態にあるような

錯覚を覚えてしまうものです。




「同じ種類の花」だとしても「同じ」ではありません。 


よく観察してください。


同じ種類の花のはずなのに、まるで別物のように形が違います。 色も少しずつ違います。


それでも「同じ種類の花」なのです。



あなたが女性であっても少しずつ、異なります。

あなたが男性であっても少しずつ、異なります。


そもそも女性、男性という大雑把なカテゴリに分類することそのものに違和感があります。


女性らしく生きるっていったいどういうことでしょう?


男性らしく振舞うって、いったい何のことでしょう?



あなたは、あなた。


あなたは、あなたらしく生き、あなたらしく振舞えばいいのです。




あなたは、他人との違いにストレスを感じるよりも


むしろ誇りに思うほうが良いでしょう。



あなたは「じぶん」という個性に誇りを持ってください。


繊細過ぎる自分の感性の豊かさに誇りを持ってください。



一般的で常識的だと思われている生き方、働き方から


大きく外れる自分の生き方に誇りを感じてください。



ほかの人たちと違うということは、


あなたは自分の個性に従っているということですから。




没個性にならず、自分の個性に従って生きてください。



というか、


無理せず、自分のあるがままでいいのです。



身体の緊張を解いて、


楽に楽に生きていきましょう。




Reyより。


最新記事

すべて表示

わたしたちには誰にでも、もうだめだ。。と感じたときに発動する力が 生まれたときから。。。もっとも前・・魂の中に実装されています。 たとえば マラソンで「もうだめだ。。」と思ったところから不思議なパワーが背中を押してくれる感覚を味わったことがあると思います。 何かわからないけれど、不思議な力、存在によって「何とかなる」という経験は誰でも一回はあるのではないでしょうか。 もうだめだ。。と思った時に、

苦しい時 むなしい時 泣きたくなる時 投げ出したくなる時。 そういう時は、それらについて思い悩むこと自体を手放してください。 そしてそれらのあらゆる問題を天使、神に委ねてください。 その時、 問題の原因(それが特定の人物でも)について 怒ったり、憎んだり、腹を立てたりするのではなく その原因が自然な形で望ましい状態に成長、進化、改善するように願い求めてください。 もしも、家族で悩んでいるときは、彼

地球上での「生のテーマ」は 愛を学び実践すること です。 どんなにひどい状況であろうと 怒りや憎しみや復讐心を増大させてはいけません。 むしろ、愛をもって傷つく人たちへ手を差し伸べましょう。 あなたの行為(それが寄付であろうと)、 「敵だ」と認識する人たちを傷つける結果になるかもしれないことに 留意しいてください。 彼らもまた被害者ではあるのですから。 広範囲に愛を示してください。 愛を広げること