• Angel-Rey

トラウマから癒しの道へ。

耐え難い心の傷

生まれたことを否定されたことによる無力感と無価値観

親を喜ばせることで自分の安心安全を確保しなければいけなかった幼少期


この苦しみを今も引きづっているなら、

いよいよ手放す時期に来ているはずです。


手放しにはいくつもの段階があります。


向き合い、

一時的な癒しを体験し

心が安らぎを受け取ったのち、

過去の出来事から崇高な目的を理解することで

本格的に手放すことができます。


この段階を経て、徐々に、繰り返し癒しを体験し

自己肯定と自尊心を取り戻すのです。



そのプロセスに天使は介在します。


天使はいつもあなたと共にいます。


あなたが望まなくても天使はいます。

あなたが望めば、天使は働いてくれます。



天使と良い関係を築いてくださいね。



Reyより。


最新記事

すべて表示

ひとつの手段、方法を試すとき それで問題が解決したり 願望が実現することに期待しますね。 でも、 それがうまくいかなかったとき、あなたは何を感じますか? どんな気分になりますか? 一般的に地球という星は、行動を通して実現する世界です。 ひとつの手段や方法、計画がうまくいかないのが、一般的です。 なので、 うまくいかなかったことで感情を揺り動かすよりも まして、あきらめてしまうのではなく 新しい手段

わたしたちは 前世からこびりついた汚れを落とし 元ある魂の状態に戻し神と合一することを目指しています。 神との合一を目指す「光の世界」への道程では 前世からこびりついた汚れを落とさなければいけません。 汚れを落とすために 闇と向き合い、 理解し、 気づき、 癒し、 愛し、 手放す作業を丁寧に行います。 この作業から遠ざかったり離れたりすると 後々もっとつらい重荷を背負うことになりかねません。 まる

ひとりひとり それぞれが背負う「十字架」はことなります。 生まれたときから親に恵まれないひとや 生まれたときから自由の利かない身体を持つ人や 裕福な家庭に生まれても全くぬくもりや愛を受けられない人や 愛に恵まれず別離を繰り返す人・・。 人それぞれ、それぞれの十字架を背負い、この地上生活を送ります。 地上生活は魂の学びの場です。 何を学ぶのか? それが人生の目的ともいえるでしょう。 じぶんの十字架を