• Angel-Rey

人生は戦いですか?

あなたの人生は戦いですか?


負けたくない!

バカにされたくない!

おとしめられたくない!


そのように考え、身構えると、あなたの人生は戦場になるでしょう。


このような思いは


自分は常に不利な立場にいる

自分は相手よりも劣っている

自分には自信がない


という思いの反射の場合があります。




もしも、


「わたしは相手と同等だ。」


と思えば、堂々としていられます。


仮に相手が雇用主でも

あなたに自信があり、最悪なら独立してでも生きていく自信があれば


雇用主の不正を指摘する勇気を持てるかもしれません。



自分の立場は常に危うい。・・という思いがあれば

いつも「被害者」になりつづけます。



あなたが妻で、夫の扶養家族なら、夫のほうが有利でしょうか?


夫のほうが優位でしょうか?


スピリチュアルの観点から言えば、有利でも優位でもありません。

常に対等です。


しかし、もしもあなたの心のなかに


夫に嫌われ、見捨てられたら生きていけない。。。。


という思いがあると、いつもビクビクしていなければいけなくなります。


夫に嫌われることはすなわち、生命の危機だと感じてしまうと

恐怖になります。



あなたはいつから夫に隷属する立場になったのでしょうか?


違いますよね?


あなたには自尊心があります。

価値があります。

能力があります。


生まれきた目的があり使命もあります。


自分の価値を否定するのは、

思い込みであり、刷り込みかもしれません。


それにきづければ、あなたは精神的な自立を選んで

新しく生きていけるはずです。



あなたは


弱くない。



あなたは


不利ではない。



あなたにはあなたにふさわしい生き方がある。



そう、思いませんか?




Reyより。






最新記事

すべて表示

わたしたちには誰にでも、もうだめだ。。と感じたときに発動する力が 生まれたときから。。。もっとも前・・魂の中に実装されています。 たとえば マラソンで「もうだめだ。。」と思ったところから不思議なパワーが背中を押してくれる感覚を味わったことがあると思います。 何かわからないけれど、不思議な力、存在によって「何とかなる」という経験は誰でも一回はあるのではないでしょうか。 もうだめだ。。と思った時に、

苦しい時 むなしい時 泣きたくなる時 投げ出したくなる時。 そういう時は、それらについて思い悩むこと自体を手放してください。 そしてそれらのあらゆる問題を天使、神に委ねてください。 その時、 問題の原因(それが特定の人物でも)について 怒ったり、憎んだり、腹を立てたりするのではなく その原因が自然な形で望ましい状態に成長、進化、改善するように願い求めてください。 もしも、家族で悩んでいるときは、彼

地球上での「生のテーマ」は 愛を学び実践すること です。 どんなにひどい状況であろうと 怒りや憎しみや復讐心を増大させてはいけません。 むしろ、愛をもって傷つく人たちへ手を差し伸べましょう。 あなたの行為(それが寄付であろうと)、 「敵だ」と認識する人たちを傷つける結果になるかもしれないことに 留意しいてください。 彼らもまた被害者ではあるのですから。 広範囲に愛を示してください。 愛を広げること