• Angel-Rey

光の世界の道程で。

わたしたちは

前世からこびりついた汚れを落とし

元ある魂の状態に戻し神と合一することを目指しています。


神との合一を目指す「光の世界」への道程では


前世からこびりついた汚れを落とさなければいけません。


汚れを落とすために


闇と向き合い、

理解し、

気づき、

癒し、

愛し、

手放す作業を丁寧に行います。


この作業から遠ざかったり離れたりすると

後々もっとつらい重荷を背負うことになりかねません。


まるで

政府が国の借金や社会保障などの根本的な問題解決を

子供や孫の世代に先送りするようなものです。


わたしには関係がないから、放置しよう。という浅はかで無責任な考えは

わたしたちの魂レベルでは許されないのです。


というのも

先送りした問題は、結局、自分の魂が解決しなければいけないのです。




これをカルマの法則。


自分で蒔いた種は、自分の魂が刈り取るのです。


放置して何もしなかった・・というのも「種」です。

その結果を刈り取らなければいけません。



つらいですよね。


だから、手が付けられるうちに解決に向けて動き出すことです。


大企業の赤字体質や

オリンピックの金銭まみれの体質を放置しているのと同じ。


いずれとんでもない問題となってしまいます。




わたしたちは幸せになるために生きています。

そのために

汚れを落とすのです。


汚れたままでは天の国には入れません。


助けは必ず得られます。

動き出しましょう。

助けを求めましょう。





Reyより。


最新記事

すべて表示

決して、動じないでください。 心をしっかり保ってください。 良い意味でも 悲しい意味でも 世界は新しいステージ、段階に入ります。 しかし、それは最終的に望ましい世界へ進むための出来事です。 その過程にある現状では、痛みを伴います。 だとしても、負の出来事ばかりではありません。 みなさんは、世界の変化に対応しながら進化します。 逆から言えば、 進化のために変化があるのです。 皆さんの意識、波動がより

ある朝、目覚めと共に ご依頼者様へのエンジェル・ヒーリングを終了しようと 守護天使にアクセスしたところ 天使が一人 横たわる猫のそばから離れず 深刻な表情で私を見つめ 「まだ」 と心の中に伝えてきました。 そう、 ヒーリングの対象は、ご依頼者様の愛猫だったのです。 重い病に侵されていました。 天使は猫のそばにいて、体に触れていました。 泣きそうな表情、必死な表情。 今まで何万回も天使と交流し天使と

ひとりひとり それぞれが背負う「十字架」はことなります。 生まれたときから親に恵まれないひとや 生まれたときから自由の利かない身体を持つ人や 裕福な家庭に生まれても全くぬくもりや愛を受けられない人や 愛に恵まれず別離を繰り返す人・・。 人それぞれ、それぞれの十字架を背負い、この地上生活を送ります。 地上生活は魂の学びの場です。 何を学ぶのか? それが人生の目的ともいえるでしょう。 じぶんの十字架を