• Angel-Rey

助け合ってください。

わたしたちは、孤立していません。


一本、一本、

ひっそりと

立ち尽くす木々のような孤独を感じるときがあるかもしれませんが

大地の下ではつながっています。



わたしたちはひとりではありません。


助けが必要なときは声を上げるといいです。


あなたの周りに困っている人がいれば声をかけてください。



この世の光として


小さなことでもいいので、誰かとつながり

支えてください。


その時に気づくと思います。



支える相手がいてくれるから

わたしは支えられて生きていられると。



助けているつもりが

実は自分も助けられていると。



そのような気づきが深まれば

あなたは、世界とつながり


この世界の共同創造のメンバーであることにも

気づくでしょう。



あなたには使命があります。


その使命を果たせるように

あなたの魂を磨き上げてください。



いつもありがとう。


愛しています。





Reyより。






最新記事

すべて表示

わたしたちには誰にでも、もうだめだ。。と感じたときに発動する力が 生まれたときから。。。もっとも前・・魂の中に実装されています。 たとえば マラソンで「もうだめだ。。」と思ったところから不思議なパワーが背中を押してくれる感覚を味わったことがあると思います。 何かわからないけれど、不思議な力、存在によって「何とかなる」という経験は誰でも一回はあるのではないでしょうか。 もうだめだ。。と思った時に、

苦しい時 むなしい時 泣きたくなる時 投げ出したくなる時。 そういう時は、それらについて思い悩むこと自体を手放してください。 そしてそれらのあらゆる問題を天使、神に委ねてください。 その時、 問題の原因(それが特定の人物でも)について 怒ったり、憎んだり、腹を立てたりするのではなく その原因が自然な形で望ましい状態に成長、進化、改善するように願い求めてください。 もしも、家族で悩んでいるときは、彼

地球上での「生のテーマ」は 愛を学び実践すること です。 どんなにひどい状況であろうと 怒りや憎しみや復讐心を増大させてはいけません。 むしろ、愛をもって傷つく人たちへ手を差し伸べましょう。 あなたの行為(それが寄付であろうと)、 「敵だ」と認識する人たちを傷つける結果になるかもしれないことに 留意しいてください。 彼らもまた被害者ではあるのですから。 広範囲に愛を示してください。 愛を広げること